お役立ち情報

2022.01.01

No.33 絶対にやるべき省エネ施策 その2

『ニイミ通信』 2021/12/15

こんにちは
今日は、昨日の続きの配信です。
省エネルギーセンターの省エネ最適化診断についての話でした。

そうです、この診断、内容はすごくいいのですが…
━━━━━━━━━
省エネ最適化診断の壁
━━━━━━━━━
昨日の話を振り返ると・・・
今回紹介している省エネ診断
・内容は、運用・改善など多岐にわたり、様々な方面での省エネ提案してくれる
・官庁に限りなく近い財団法人のため、信用性は非常に高い
・費用も、最大で1万5千円(追加費用なし)で、リーズナブル
・売り込みの心配もなく、補助金の審査にもプラス査定

といいことだらけです。
こりゃあいいね、やってみようと申込申請書をダウンロードすると・・・


ここが大きな大きな壁なんです。


この申請書が非常にめんどくさい!!
工場についていろいろと把握していないと書けない内容なんです。

年間のエネルギー使用状況はもちろん、使用設備についてや、主要製品の工程など
なかなか骨が折れるんです。
ただ、しっかりとした調査だからこそ、細かい情報まで必要という事ですね。

さて、ここからが今回のメルマガの本題です。

この省エネ最適化診断について、弊社で全面的にバックアップ致します!大変な申込書、一緒に作成します!

「やってみたいんだけど」「詳しく聞いてみたいんだけど」
と連絡いただければ、めんどくさい申込書も一緒に作成しますし、当日の診断、その後の報告まで段取りいたします。

というのは、省エネルギーセンターの方と懇意にしていただきまし
最適化診断についてなんでも相談できるんですよ。
ですので、わからない事や段取りなど、スムーズにやり取りが出来るんです。

ご興味ある方は、是非声をかけてください。
30万円の省エネが達成できれば、営業利益率2%とした場合、1500万円の売上増と同じ効果です。
一度、診断してみてはいかがでしょうか。